有明海フェア





※好評につき企画継続決定!※

全国区になった感があるワラスボがきっかけに、全国各地で様々な有明海フェアが開催されております。

○『柳川フェア』7/20-8/31 広川サービスエリア(福岡)
○『愛のへんないきもの展』7/15-9/3 しながわ水族館(東京)
○『有明海フェア』9/1-9/30  日本市(福岡)


そんな、注目が集まっている有明海のイベントに夜明茶屋通販もしっかり便乗し、有明海の幸をご紹介させていただきます!

有明海は海苔だけじゃなく、変わってて美味しい魚介が盛りたくさん。

コレを機会にぜひ一度有明海の幸を味わってみてはいかが?



有明海とは


福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県にまたがる九州最大の湾。干潮時には6km先まで干潟が出現する最大6mの干満差、筑後川をはじめとした沢山の河川からの栄養の流入といった特徴などから独自の生態系を形成。ムツを筆頭に日本において有明海にしかいない魚が多く、沿岸の人間にそれらの魚は親しまれてきました。ただ、近年は漁獲高が減り、それと共に漁師さんも減少。そんな減りゆく漁師さんと、有明海の幸を守るべく、夜明茶屋は頑張っております。

むつごろう


有明海のアイドル。日本では有明海と八代海にしか生息しない、ハゼ科の仲間。旬は春〜夏。脂身の多い魚で、脂っこい意の「むつごい」の語幹「むつ」と、ハゼ科の「ごり(鮴)」が変化した「ごろう」が合わさった語で、脂っこいごりという意味。一つの巣穴に夫婦で必ず住む仲睦まじさから、恋愛成就の象徴としても近年はもてはやされている。返しのない針がついた釣り竿で引っ掛ける「むつかけ漁」が有名だが、夜明茶屋では、筒を設置しその中に入ったむつごろうを取る「タカッポ漁」の漁師さんと契約したむつごろうを使っています。

わらすぼ


体長は約30〜40cm、重さは約60gで、ムツゴロウと同じ「ハゼ科」の仲間。旬は春から秋。歯はギザギザ、鱗が退化し体は透けて見え、目は退化して頭部に小さな点として確認できるのみ。ギザギザの歯で、ゴカイなどの環形動物や貝類を食べる。その見た目から「有明海のエイリアン」と呼ばれ、近年話題を集めている。煮付け、乾燥を粉末状にしたこぶつき、味噌汁の具などとしても食べられている。名前の由来は、干した姿が稲を刈り上げたあとの『わらすぼ(藁蘂) 』に似ていることから。先端が鉤状になったスボカキで泥の中をかき回し、ワラスボの体に引っ掛けてとる「スボカキ漁」が夏の有明海の風物詩です。

マジャク


正式名称アナジャコ。旬は5月から7月。一般的なシャコと似ているが、全く別の生物。体長は雄雌ともに10cm前後。幼体のころから巣穴を掘り始め、体の成長に合わせて大きくしていく。深いものでは2mを超えるものもある。巣穴に異物が入り込むと押し出そうとする習性を利用して、巣穴に筆を差し込み、アナジャコが巣穴の入口付近まで来た瞬間に手で捕まえる「アナジャコ釣り」が有名。体は全体的に柔らかく、揚げて殻ごと食べられる。

エツ


カタクチイワシ科エツ属で、旬は冬から初夏。なお、弘法大師が筑後川を渡れずに困っていたとき、近くにいた漁師が大師を対岸へ渡し、そのお礼にと大師が葦(アシ)の葉を川へ流すとそれが魚となって泳いでいったというエツ誕生の伝説がある。他のアジアにもエツは存在するが、筑後川のエツはそれと全く別の固有種。餌は動物性プランクトン。日本では有明海のみしか存在せず、稚魚は秋まで河川にとどまり、5センチを超えると海水域へ移動し、産卵の時には再び筑後川などの河川を登っていく、大変珍しい魚。全長は2〜3歳で25cm〜30cmで、大きいものは40cmを超えることも。筑後川を登り始めるときに、刺し網をさして漁獲する。

タイラギ


三角形の大型の二枚貝。水深10メートル前後の砂泥地で尖った方を下に無数の糸を放出して海底に立っている。その寿命は6〜7年だが、成長は早く、2年で殻長が20センチを超え、中には最大で30センチを超える個体もある。タイラギ漁は、まるで宇宙服のような潜水士が、海底で干潟に突き刺さるように生息しているタイラギを探し、先の尖ったトンカチのような道具を使い、引っこ抜くように取る。現在有明海でタイラギ漁は行われていないが、夜明茶屋のビラビラの醤油煮に関しては正真正銘の有明海産です。

ワケノシンノス


正式名称はイシワケイソギンチャクで、旬は通年。国内で食べるために流通しているイソギンチャクはこれだけ。なお、海外では地中海でヘビイソギンチャク類が食用になっているらしいが、世界的にみてもイソギンチャクを食べる風習があるのは珍しい。本州中部から九州の干潟に棲息し、触手を出してない状態の体長で約10cm前後になる。大量に獲れた時代は家庭で普通に食べられていたが、漁獲量が減った現在、高級珍味として取り扱われている。ちなみに、方言であるワケノシンノスの意味は「若い人のお尻の穴」。干潟に潜っているワケノシンノスを、ワケ掘りという柄のついた鉾状のもので掘り起こして漁獲される。
< 前のページ
次のページ >
12件 [ 1-12 ]

おすすめ商品